2017年12月13日

もてなし隊のさいとーさんと再会。 〜継続の人〜

震災後に、東北でのウクレレを通しての交流活動をスタートして
足を運んだのが2011年の秋。

その時に浄土ヶ浜で初めてお会いしたのが 宮古もてなし隊の齋藤さん。

それから、しばらくご無沙汰をしておりましたが
法事での私用の里帰りの際に、たまたま 語り部をされていたところで
お会いして再会することが出来ました。

その後に ご連絡がとりたくて連絡を教えていただき
ほんとうに ときどきのところで連絡を取らせていただいてましたが
昨年の台風後にご無沙汰をしていた中での再会をさせていただきました。

20171209_saito01.jpg

お元気そうでしたが朝から、冷え込み厳しいなかで外での
宮古へいらしてくださった方へのガイドや説明などを観光ボランティアされています。

会った当初からずっと、ずっと宮古のことを知っていただきたくて
以前にも たくさんの方に浄土ヶ浜を知ってもらってほしいと
そんな話をされたこともありました。

もてなし隊として、今も お元気に活躍されている齋藤さんと嬉しい再会でした。

どうしてもね、 本当はご本人からと思ってましたが
デイジー☆どぶゆきさんの新しいアルバム 「OMOE SUNRISE」を
お届けしたくておりました。

20171209_saito02.jpg

デイジーさんが宮古に初めて足を運ばれて浄土ヶ浜で、
オモエサンライズを演奏くださったときに 立ち会ってくださってた方なのです。

20171209_saito03.jpg

たくさんの方を、案内して迎えているなかでも 覚えてくださっていて
嬉しいなと思ってます。
デイジーさんとは それ以来だったので、お昼を浄土ヶ浜レストハウスで
ご一緒しながら再会してほしかったりと考えてもいたのですが
スケジュールがタイトななかで、、今回は 私だけとなりました。

20171209_saito04.jpg

以前にお話もお聞きしていましたが、

齋藤さんは、震災後は、浜からははなれていました地域の方で
地震では大変な想いをされたなかでも 津波被害にはあわなかったから
皆様の分も 頑張ろうと 直後から動き出したお一人です。

齋藤さんの家の近くでは、災害対策の拠点となっていたのは
衣類支援であつまった衣類の仕分け場所だったりで
いっぱいにつめこまれた衣類の仕分け等は それはそれは
とても大変だったとお聞きしてましたし

さまざまな方がいらした時のお手伝いにも尽力されてきた方です

その中でも 宮古へ足を運んでくださった方に宮古のお話をされたり
震災の語り部となって 伝えてくださったり、、
さまざまに活動をされている方ですが

昨年の台風災害では、ご自宅も 1メートルの浸水にもあい
大きな被害を受けたなかでも、、家を修繕し、そして 現在も
宮古の観光ボランティアとして活動されています、、、

もう ただただ、、凄いなと思うばかりだったのですが、、
こうやって 動いて活動してくださる方が宮古には
いらっしゃるからこそ 復興へも、そして宮古を観光地として
お客様をむかえられるまでにもなってきたのだと思います、、、

お元気そうにて 本当に笑顔も素敵な齋藤さんとの嬉しい再会でした

以前にも 浄土ヶ浜でのことをお話をしてくださいました。


20171209_saito06.jpg

あの日に、デイジーさんにも 活動をおえた中で演奏いただきましたが
あの時の OMOE SUNRISE の映像は 沢山の方に 励ましとなるチカラとなり
宮古の地へ癒しのチカラとなり、 宮古を応援くださる方々のココロへも届けてくださいました

IMG_2062.jpg

今回のアルバムには、年月を経て、 あらためてレコーディングいただいた
OMOE SUNRISE が収録されています。

齋藤さんに ぜひ 聴いていただきたくてお届けさせていただきました。

初めての宮古入りで演奏を撮らせていただいた時の映像




あれから 6年がたっても また こうやって浄土ヶ浜でお会いできたことを
嬉しく思います。 宮古のために いつも 頑張っている齋藤さん

これからも お体を大事に 頑張ってください!!

20171209_saito05.jpg

また お目にかかれるときを楽しみにしています♬




そして、齋藤さんとお会いできた時から年月をへて、、
新たにレコーディングもしましたが映像も新たに撮影をした

OMOE SUNRISEです。

こちらも ご覧頂いた皆様には 重茂にも興味をもっていただいたり
この歌が たくさんの方に 私たちの活動のチカラともなり
元気を、癒しを届けてくれました。

重茂の様子を知っていただくことともなりました。

この曲があってこそ、、続けてきた継続してきた活動の中で
継続の人 齋藤さんとあえた事も とても貴重な機会となりました。

大変なことがあっても、前に向かって そして宮古のために
頑張られている 齋藤さんをはじめ 宮古の皆様だけでなく
この曲と出会えた皆様に音楽がチカラとなり
日常の糧ともなりましたらなによりです。

齋藤さんの想いもかわらずに、宮古のことを知ってほしいという願い

私も このCDを通して 少しでも故郷の宮古の事も
知っていただきたいと、音楽をまだお会いできてない方々へも
届けていけたらいいなと思います。

今回は どうしても お届けしたかった方のもとへ
お届けすることができ
齋藤さんにあって 私の方がパワーをいただきました!



posted by Chika at 16:32| Comment(0) | pickup!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

hawaiian_ritomic.png